アレルギー検査機器の導入の
ご案内Information

アレルギー検査機器の導入のご案内/ Information

少量の血液でより負担の少ない最新アレルギー検査(41項目)をお子様に

この度、アレルギー検査のためのドロップスクリーンという最新の検査機器を導入致します。(2020年4月13日~導入)
ドロップスクリーンでは、従来の検査で必要だった腕からの採血が不要となり、指先に小さな針を刺して数滴だけ血液を採取してアレルゲン(アレルギーの原因物質)を調べることができます。大きな針を刺す必要がなく、指先から採血する際も小さな針を刺すだけですので、少しチクリとした程度で痛みが少なくお子さまへの負担を最小限に抑えることができます。これまで注射を嫌がっていたお子様や痛みが苦手な方におすすめの検査方法です。

さらに、これまでは採血を行ってから、専門の機関での検査が必要なため、検査結果の取得までに1週間かかっていました。しかし、ドロップスクリーンでは、採血した数時間で結果がでるため、翌日に検査結果が分かります。翌日から治療を始めることができるようになりました。

ドロップスクリーン検査 従来の検査
20μl
指先に針を刺すだけ
採血方法 2ml
腕に注射をします
数時間 検査結果取得まで 1週間程度
41種類 検査対象アレルゲン (最大)39種類

アレルギー

アレルギーは放っておくと、花粉症に代表される鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状だけでなく、喘息などの呼吸器系疾患、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患へ連鎖するように広がること(アレルギーマーチ)も分かっています。慢性的な鼻炎や花粉症があったけど、検査をしたことが無いというお子様や、湿疹や蕁麻疹などアトピー性皮膚炎様の症状のあるお子様に負担の少ない検査をさせていただきます。その他、食物アレルギーが不安な場合などももちろんご相談ください。

※画像はクリックすると拡大します