ブログBlog

こどものこころとからだシリーズ(その1)

「不登校」

 

昔は「登校拒否」と言っていました。むしろこちらの方が「行かないぞ!」という強い意思が感じられますね。

いまは、どうしてか分からないけれど行けない、というケースが増えてきました。

それも小学校に入ってすぐ、ということも少なくありません。

 

今年はコロナの自粛期間があったため、例年より不登校の訴えが増えています。オンラインのままが良かった、との声もちらほら。感染拡大予防とはいえ、振り回されたこどもたちは本当に可哀想。

 

学校に行かなければならないことは分かっているのに、どうしても起きられない。起きても朝からお腹が痛くてトイレから出られない…結局間に合わないからお休みになる…。

 

本当につらい毎日だと思います。

 

学校に行かないと、当然勉強も心配になってきます。

学校に行って欲しい親御さんと、行けない子どもの間がギクシャクすると、お家にいても気が休まらず、家族と顔を合わせるのを嫌がり昼夜逆転、なんてこともよくみられる現象です。

 

気を付けなければならないのは、体の不調を単に学校に行きたくないからだと決めつけない、ということです。よくよく調べてみたら大変な病気が隠れていた、なんていうこともあります。

 

学校のことだけれど学校には行っていないから相談しづらい。どこに相談したら良いの?と、悩んでいる方も多いと思います。

 

身体の症状があればもちろん、特に症状が無くても、どうか小児科を受診してください。

経験豊富なスタッフが、こころも体もきちんとケアします。

 

(もし、お子さまが病院になんか行きたくない!とおっしゃっていたらこうお伝え下さい。

「クリニックのスタッフは、みんなあなたの味方だから安心してね。無理やり学校に行くように説教したりしないからね。辛い体、気持ちを何とか楽にするお手伝いをしてくれるよ。」)

 

上記のような、こころとからだのご相談の場合は、お電話で予約をお受けいたします。

ミューザ川崎こどもクリニックPLUS+ 044-542-8868

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る