ブログBlog

こどもの事故防止シリーズ②

~水の事故防止 流された物とはさよならを~

日本では、1~19歳の死亡原因の第1位は、「予防可能な事故による傷害」となっています。
「危ないことだと知っていれば防げたかもしれない。」
そんな予防できる事故からこどもを守るために、こどもの事故防止に関する情報をお伝えしています。
今回は、水の事故防止についてです。

暑くなってくるこれからの季節、特に夏休みシーズンには海や川で遊ぶ機会も増えてくるかと思います。
毎年報道される、水の事故。
落としたり流されたりしたサンダル、帽子などを追いかけて事故に遭う場合が多くあるようです。
物が海や川に流されたときにどうすればよいかなど、水の事故を防ぐための知識を事前にお子さんに伝えておくことが大切です。

まず、海や川へは脱げない靴で出掛けるようにしましょう。
また、物は買えても命は買えません。
物が流されたら追いかけずに、迷わずさよならすることを教えましょう。
中にはなくすと叱られちゃう、と慌てて追いかけてしまう子もいるかもしれません。
大人は、物が流されてしまっても絶対に叱らないと約束しておくことも大切です。

①脱げない靴で出掛ける。
②海や川に落としたものとはさよならする。
③大人は物をなくしても絶対に叱らない。

以上のことを親子で約束し、楽しく安全に水遊びができるとよいですね。

 

ミューザ川崎こどもクリニックでは健診などの際に、年齢ごとに起こりやすい事故や日常の注意点などのお話もさせて頂いています。

また、病気のことだけでなく、お子さんに関する様々な疑問、相談等もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る