ブログBlog

高感度インフルエンザ検査を導入しています

全国的にインフルエンザが猛威をふるっています。

多くのインフルエンザ診断キットは発熱間もなくでは検査で陽性が出ず、はっきりと診断が可能となるまでに「発熱から12-24時間を要する」ものがほとんどです。

そのためインフルエンザであるにもかかわらず、発熱当日に受診されてもインフルエンザ検査で陰性となることがあります。

その場合、抗インフルエンザ薬が処方されず、つらい1日を過ごした翌日再度の検査で陽性と判明し、そこで初めて治療がなされるケースが非常に多くなっております。

当クリニックでは高感度のインフルエンザ診断キットを使用しており、

発熱よりおおよそ6時間程度で診断が可能となっております。

早期診断が可能となり、早期治療によりつらい時間を短くできる大きなメリットがあります。

ぜひご活用ください!

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る