小児科Pediatrics

小児科/ Pediatrics

かぜ症候群

かぜ症候群とは、いわゆる「かぜ」のことで、鼻水、鼻づまり、咳、のどの痛みや、熱、頭痛、だるいなどの症状がみられます。原因のほとんどは抗生剤の効かないウイルスによるもので、治療は症状を和らげるのが主体です。鼻水など症状を完全になくすことは難しく、治療の目標は、合併症や細菌による二次感染になるのを防ぐことです。

気管支炎・肺炎

ウイルス性、細菌性、マイコプラズマ肺炎などが原因です。乳幼児は、うまく咳が出来ず痰が出せないため肺炎になりやすいです。ひどくなれば、入院治療が必要な場合がるので、外来通院ができるかどうか注意深く経過を診させていただきます。

百日咳

最初はかぜと変わりませんが、長引く咳、夜間に顔を真っ赤にして激しく咳き込むのが特徴です。4種混合ワクチンを受けていない子がかかることが多く、赤ちゃんには危険な病気です。普通の風邪薬や抗生剤では効かず、百日咳に対する治療があります。

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマによる感染症で、幼児や学童に多く見られます。長引く咳、普通の風邪薬では効かないのが特徴です。熱が出ることもあります。マイコプラズマに対する抗生剤を使って治療します。ゼイゼイすることがあるので、一時的に喘息の治療を加えることもあります。

インフルエンザ感染症

インフルエンザウイルスによる感染症で、感染力が強く、合併症、重症化することから、普通のかぜとは分けて考えるべきです。発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感、呼吸器症状(咳、鼻水、のどの痛みなど)といった症状が認められ、全身症状が強く重病感があります。肺炎や脳症・脳炎などを合併することもあり、高齢者や乳児では死亡することもあります。治療には、抗インフルエンザウイルス薬があります。

ただし、インフルエンザにかかってから2日以内に投与しないと効果が少ないため、早期診断・治療が重要です。インフルエンザの予防として、最も効果的な方法はインフルエンザワクチンの接種です。感染を完全に予防できなくても、発熱期間が短縮したり、病気を軽くするのに有効です。

溶連菌感染症

溶連菌咽頭炎は、A群β溶血性連鎖球菌による感染症です。症状は、突然の発熱と頭痛、のどの痛み、食欲不振、吐き気などです。やがてのどが赤くなり、舌の表面にブツブツの赤みができることが多く(いちご舌)、口の中も真っ赤になります。首のリンパ節が腫れて痛むことや、小さな発疹が全身にあらわれることもあります。

治療は、抗生剤を5~10日服用します。服用を途中でやめてしまうと、リウマチ熱などを合併する危険度が高くなります。抗生物質で治療を続け、24時間経ち、解熱していると登校できるようになります。

アデノウイルス感染症・
咽頭結膜熱(プール熱)

アデノウイルスによる感染症です。発熱、のどの腫れや痛み、目やに、目の赤みなど結膜炎の症状がみられます。吐き気、腹痛、下痢などを伴うこともあります。せきやくしゃみ、便を介して感染します。プールで目の結膜から感染することもあります。結膜炎の症状が強い場合は眼科での治療が必要です。

咽頭炎・扁桃腺炎
クループ

かぜを引いたときにのどの奥が腫れて、オットセイが吠えているような咳が出ます。薬を吸入してのどの腫れを抑え、飲み薬でのどの炎症を抑えます。夜にひどくなることがあります。息苦しくなったり、急に声のかすれがひどくなる場合には入院する必要があります。

RSウイルス感染症

RSウイルスに感染すると、発熱・咳・鼻水などのかぜ症状が出ます。多くは軽症ですみますが、乳幼児が初めてRSウイルスに感染すると、中耳炎、細気管支炎や肺炎になることがあります。低出生体重児や心臓・肺に病気がある場合は要注意です。成人の場合は軽いかぜ症状ですむことが多いので、乳幼児に移さないようにマスクを着用し、手をよく洗いましょう。特効薬や予防接種はありません。鼻水が多く出るので、こまめに鼻を吸うなど、コントロールする治療して行きます。

ヘルパンギーナ

夏によくみられる感染症で、夏風邪のひとつです。突然の高熱とのどに小さな水疱ができます。のどが痛くて食欲が落ちたり、吐いたりする場合もあります。複数のウイルスが原因なので、何度もかかります。

手足口病

手足口病は、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスでおこります。手、足、口に米粒ほどの水疱性の発疹ができます。口の中にできると、痛みで食事が出来なくなることもあります。発熱や下痢、嘔吐をともなうこともあります。鼻水・唾液や便から感染しますので、手をよく洗うことが大切です。複数のウイルスが原因なので、何度もかかります。

突発性発疹

10か月~1歳頃に、生後初めての熱、38~40℃の高熱が3~4日続き、熱が下がると、全身に発疹が出現するウイルス感染です。発疹が出て、不機嫌になったり、便もゆるくなったりすることもあります。2回かかることもあります。合併症に注意しながら様子をみて、症状を和らげる治療を行っていきます。

中耳炎

鼻、のどからの細菌が耳に入り炎症がおこる病気です。鼻、のどと耳はつながっています。鼻かぜをこじらせて中耳炎になることが多いです。なかなか熱が下がらない、耳を痛がる(痛がらないこともある)、しきりに耳に手をやるなどが症状ですが。治療はのみ薬を処方します。再発したり、長引くことがありますので、こまめに経過を診させてください。

副鼻腔炎

長引く咳、熱、頭痛、鼻づまり、めやに、口呼吸が症状です。かぜが原因ですが、アレルギー性鼻炎が合併していることもあります。治療はのみ薬を処方します。再発したり、長引くことがありますので、こまめに経過を診させてください。

とびひ(膿痂疹)

皮膚科参照

ヘルペス性歯肉口内炎

ヘルペスウイルスにより感染でおこります。高熱が続き、口に中に口内炎ができます。よだれが多くなり、歯ぐきが赤く腫れ、歯が短くなったように見えます。口内炎でとても痛がり、食欲が落ちます。熱や口の中の痛みをおさえる薬を処方します。

水ぼうそう(水痘)

熱と同時に発疹が出る水痘・帯状疱疹ウイルス感染です。発疹は、虫刺されの様な発赤から始まり、水ぶくれとなり、最後は、かさぶたになります。発疹は体から手足に広がります。水痘ワクチンを接種していても罹ることがありますが、軽くすむことが多いです。治療には、ぬり薬やのみ薬があります。水痘ワクチンが定期接種化され、2回接種で水痘がかなり減ると思われます。かかると重症化することもあるので、早目に予防接種を受けることをお勧めします。

ご家族の中で、水痘未感染の方がいらした場合、水痘の患者と接触して72時間以内に水痘ワクチンを緊急接種すると多くは予防でき、発症しても軽くすみます。

帯状疱疹

みずぼうそうに一度かかったことのある子が、しばらくして、体力が落ちた時などに、水ぼうそうが再発したのが帯状疱疹です。水ぶくれが、背中から胸にかけて出てきます。顔にも出てくることがあります。大人に比べ、こどもはあまり痛がりません。水ぶくれが目にかかる場合には、眼科にも診てもらう必要があります。治療は、抗ウイルス薬やぬり薬を処方します。

おたふく(流行性耳下腺炎)

耳の下にある耳下腺が腫れて痛み、熱がでるウイルス感染です。こどもは最初に「耳がいたい」ということがあります。耳下腺は左右両方が腫れることが多いです。約1週間で自然に治まることが多いですが、合併症に注意しながら、症状を和らげる治療を行っていきます。

はしか(麻疹)

熱、かぜ症状から始まり、いったん熱が下がります。その後、高熱と同時に発疹がでるウイルス感染です。とくに乳幼児は肺炎、中耳炎など合併症重症化しやすく、怖い病気です。1歳になったら必ず、麻疹・風しんワクチンの接種をして、予防しましょう。

風しん

3日間続く赤い発疹、首のリンパ節のはれ、熱を症状とするウイルス感染です。3日はしかとも言われています。こどもの時期にしっかりワクチン接種をして、将来の先天性風疹症候群の出生を予防しましょう。

りんご病(伝染性紅斑)

ほっぺがりんごのように赤くなり、手足にもレース用の発疹がでるヒトパルボウイルスB19による感染症です。微熱や頭痛が出ることがありますが、発疹以外は無症状のことがほとんどです。日光に当たると、赤みが強くなります。いったん消えても、再び出ることもあります。子どもがかかっていても心配ない病気ですが、成人がかかると関節炎を起こすことがあり、妊婦がかかると胎児に影響がでることがあります。合併症に注意しながら、症状を和らげる治療を行っていきます。

感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)

ウイルス性と細菌性があります。ウイルスでは、ノロウイルスとロタウイルスが大部分を占めます。細菌では、カンピロバクター、病原性大腸菌、サルモネラが三大原因です。

はきけ、嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が出ます。乳幼児では、脱水症に注意する必要があります。特にノロウイルスは感染力が強く、ノロウイルスに汚染された下痢便、吐物、おむつは次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)で消毒する必要があります。感染性胃腸炎には、特効薬や予防接種はなく、脱水にならないようするのが目標です。受診時にはうんちの様子を携帯の写真でもいいので見せてください。

じんましん

突然のかゆみのある盛り上がる湿疹が特徴です。食物アレルギー、薬品アレルギーの他に、動物、植物、かぜ、寒さなど、たくさんの原因があります。原因を特定するのはなかなか難しいですが、一緒に調べていきましょう。治療は、ぬり薬はほとんど効きず、かゆみ止めののみ薬を処方します。これに加え、冷やすとかゆみも楽になります。

尿路感染症

おしっこにバイ菌がついた状態です。腎盂腎炎と膀胱炎をまとめて尿路感染症といいます。こども、特に乳幼児の尿路感染症は症状がはっきりせず、診断が難しく注意が必要です。熱の原因が分からない時は、おしっこの検査をさせてください。治療方針が違ってきますので、正確に診断する必要があります。

学校感染症出席停止期間の基準

2012年4月に学校保健安全法施行規則の一部が改正され、
学校感染症の種類および出席停止期間の見直しが行われました。

  • インフルエンザ発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで。
  • 百日咳特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
  • 麻疹解熱した後3日を経過するまで。
  • 流行性耳下腺炎耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで。
  • 風疹発疹が消失するまで。
  • 水痘すべての発疹が痂皮化するまで。
  • 咽頭結膜熱主要症状が消退した後2日を経過するまで。
  • 髄膜炎菌性髄膜炎病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。
  • 24時間インターネット予約受付
  • 24時間インターネット予約受付
お知らせ- News -
BLOG最新記事- STAFF BLOG -
  • STAFF BLOG
  • クリニックからのご案内
  • 予防接種について
  • 乳幼児健診
  • シナジス外来
  • お子様の視力検査
  • 求人のご案内