予防接種Vaccination

予防接種について/ About vaccination

予防接種を受けましょう

予防接種は病気を防ぐために必要な免疫を安全につける方法です。
予防接種の対象となっている病気は、命や健康に大きな影響をもたらす重大なものばかりで、
根本的な治療がなかったり、後遺症を残すものも少なくありません。
接種できる年齢になったら、体調の良いときに早めに受けておきましょう。

持ち物

  • 診察券
  • 保険証
  • 母子手帳
  • 医療証
  • 予防接種問診票

※母子手帳に記録を残しますので、必ずお持ちください。

定期接種

当クリニックでは、川崎市の定期(公費)予防接種をお受けいただけます

川崎市のこどもを対象にした定期予防接種(公費)の種類は以下のとおりです。

  • Hib感染症(ヒブワクチン)
  • 肺炎球菌ワクチン
  • ジフテリア、百日せき、ポリオ、破傷風(1期:DPT-IPV)(2期:DT)
  • BCG
  • 麻しん・風しん(MR)
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 日本脳炎
  • ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

任意接種

予診票を受診前に取りに来ていただくか、ダウンロードして事前に記入いただければ、待ち時間の短縮になります。
ダウンロード出来ない場合は、受付にご用意しておりますので、お声がけください。

ワクチン名 料金 問診票
おたふくかぜ 4,500円 ダウン
ロード
ロタウイルス(ロタテック) 9,500円 ダウン
ロード
B型肝炎(ヘプタバックスⅡ) 4,500円 ダウン
ロード
A型肝炎(エイムゲン) 6,500円

インフルエンザ

ワクチン名 問診票
インフルエンザ ダウン
ロード

予防接種スケジュール/ About vaccination

ワクチンスケジュールを立ててみましょう

多くのワクチンを打たなければならず、複雑になってきています。
こどもの体調で予定通り打てないこともあり、スケジュールを立てるのは大変困難です。
そのためワクチンを打ち終わったら、必ず次に打つワクチンを決めると、抜けがなく続けて行けるのではないかと思います。

詳しいスケジュール表はこちらからご覧ください。

生後2か月
  • ヒブワクチン(1回目)
  • 肺炎球菌ワクチン(1回目)
  • B型肝炎ワクチン(1回目)
  • ロタウイルスワクチン(1回目)

を同時接種。

生後3か月、
かつ前回接種から4週間後
  • 四種混合ワクチン(1回目)
  • ヒブワクチン(2回目)
  • 肺炎球菌ワクチン(2回目)
  • B型肝炎ワクチン(2回目)
  • ロタウイルスワクチン(2回目)

を同時接種。

生後4か月頃、
かつ前回接種から4週間後
  • 四種混合ワクチン(2回目)
  • ヒブワクチン(3回目)
  • 肺炎球菌ワクチン(3回目)
  • ロタウイルスワクチン(3回目)

を同時接種。

生後5か月頃、
かつ前回接種から4週間後
  • 四種混合ワクチン(3回目)
生後5か月頃、
かつ前回接種から1週間後
  • BCGワクチン
生後8か月頃、
かつ前回接種から4週間後
  • B型肝炎ワクチン(3回目)
1歳の誕生日頃
  • 肺炎球菌ワクチン(4回目)
  • 四種混合ワクチン(4回目)
  • ヒブワクチン(4回目)
生後1歳1か月頃、
かつ前回接種から4週間後
  • 麻疹・風疹混合ワクチン(1回目)
  • 水痘ワクチン(1回目)
  • おたふくかぜワクチン(1回目)

を同時接種。

1歳半~2歳前
  • 水痘ワクチン(2回目)
3歳~4歳
  • 日本脳炎ワクチン(1回目)の1~4週間後に(2回目)
    その1年後に(3回目)
5~7歳未満
  • おたふくかぜワクチン(2回目)
就学前
  • 麻疹・風疹混合ワクチン(2回目)

ワクチンで予防できる子どもの病気/ About vaccination

ジフテリア

主に鼻やのどに症状がでやすい病気です。鼻水などのかぜ症状、発熱やのどの痛みを来すようになります。潜伏期間は約2~5日で、感染者の咳やくしゃみから飛沫感染します。

百日咳

かぜのような症状がつづき、次第にせきが多くなってきて、顔を真っ赤にして連続的に咳き込むようになります。重症になると、けいれんが起こったりもします。

破傷風

顔の筋肉が動かしにくかったり、引きつったような顔になったりします。全身がけいれんして呼吸が出来なくなり、80~90%の確立で窒息死するという恐ろしい病気です。これは傷口から破傷風菌に感染することによって起こる細菌性の感染症です。

結核

熱、咳の他に、感染から発症が早く、嘔吐、けいれん、意識障害などの髄膜炎の症状が出てくることがあります。お子様では、何となく元気や食欲がなかったり、熱が続いたりするなどの全身症状が中心になることがあります。

ポリオ

ポリオウィルスに感染しても全てポリオになるわけではありません。
38℃以上の熱、のどの痛み、下痢・嘔吐などのおなかの症状などのかぜに似た症状がでる事があります。

麻疹(はしか)

はじめの2~3日は熱、咳、鼻水、目やになど風邪と同じ症状が出ます。しかし、いったん熱が下がり、再び高熱が出ると同時に、全身に発疹が現れ、4~5日ほど高熱がつづきます。

風疹(三日ばしか)

軽い風邪のような症状が始まり、発熱が起きます。顔の周囲から発疹が現れ、全身に広がります。また、未熟な乳幼児は重症化しやすいため、1歳を過ぎたら予防接種をしましょう。

日本脳炎

ヒトからヒトへ感染することはなく、感染したブタから蚊が囲んできて感染します。但し、感染したすべての人が発症するわけではありません。肺炎になると高熱、意識障害が出てきます。治療が非常に難しい病気です。日本脳炎はワクチンでしか防ぐ予防法はありません。

肺炎球菌感染症

かぜの合併症として、肺炎や中耳炎、敗血症や髄膜炎などを引き起こしやすいため、肺炎球菌感染症はワクチンで予防します。重篤な肺炎球菌感染症にかかるリスクを80%程度減らすことができるといわれております。

インフルエンザ菌B型感染症

インフルエンザ菌B型はHib(ヒブ)と呼ばれ、一般的に知られているインフルエンザワクチンウィルスとは全く別のものです。特に4歳以下のこどもは、かぜの合併症として、髄膜炎を引き起こしやすいため、ワクチンで予防します。髄膜炎は命にかかわる病気で、後遺症を残すこともあります。

水ぼうそう

最初は、虫刺されのような発疹が頭、お腹などにみられ、12~24時間で小さな水疱となります。そして、1日くらいで、少し盛り上がった発疹や水疱が全身に広がります。

B型肝炎

B型肝炎に感染している大人から感染することがあり、かかっていることに気付かないまま肝硬変、肝がんと病気が進行してしますことがあります。

インフルエンザ

突然の38度以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などのほか、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

こどもは最初に「耳がいたい」ということがあります。耳下腺は左右両方が腫れることが多いです。

予防接種Q&A/ Vaccination

Q.予防接種の同時接種が不安です。
A.

個別接種に比べ同時接種の方が、副反応の可能性は増えることはありませんし、効果が減弱することもありません。諸外国では、同時接種は一般的に行われております。小児科学会でも予防できる病気からこどもたちを守るために同時接種を推奨しております。

Q.かぜ薬などを飲んでいると予防接種はできないのですか?
A.

多くの薬剤は服用中でも接種可能ですので、接種可能かご相談ください。

Q.予防接種後に熱がでました。次回の接種はどうすればいいでしょうか?
A.

発熱は10%の割合で出ることがあります。風邪の時と違い、比較的軽く済むことが多いです。予防接種のメリットの方が大きいので、次回も接種をお勧めします。ただし、副反応の程度によりますので、一度ご相談ください。

  • 24時間インターネット予約受付
  • 24時間インターネット予約受付
お知らせ- News -
BLOG最新記事- STAFF BLOG -
  • STAFF BLOG
  • クリニックからのご案内
  • 予防接種について
  • 乳幼児健診
  • シナジス外来
  • お子様の視力検査
  • 求人のご案内

ドクターズファイル