皮膚科Dermatology

皮膚科/ Pediatrics

脂漏性湿疹

生後1~2ヶ月から1歳前後までによく認められる、顔面、頭部によくみとめられる皮膚炎です。赤い湿疹や黄色い脂のようなものやカサカサとしたフケのようなものがついたりします。治療の基本は清潔にする事です。

お母さんからの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多い新生児では、過剰分泌された皮脂が肌表面から毛穴に溜まってしまうことが多く、これが主な原因と考えらています。他にも、外部からの刺激や汚れによって炎症を起こす場合や、赤ちゃんが触ったりひっかいたりすることで悪化することもあります。

おむつ皮膚炎

おむつにふれる部分がアンモニアや酵素の刺激で炎症を起こし、赤くただれたようになります。おしり全体が赤くなる、ポツポツとあせものような湿疹として現れることもあります。

かぶれを引き起こす原因としておしっこやうんち(大腸菌などの腸内細菌や酵素などが刺激物となります)による刺激を肌が受け、炎症を起こします。また擦る刺激により、肌が傷つき、傷口から炎症を起こすこともあります。

カンジダ症

おむつかぶれと同じような赤いブツブツとした湿疹ができます。高温多湿のおむつ内部で、常在菌であるカビが繁殖し、過剰になってしまうと起こります。

アトピー性皮膚炎

顔面や頭部、耳たぶなどに赤い湿疹ができ、強いかゆみをともないます。乳児脂漏性湿疹と症状が似ていますが、何度も繰り返すことが多いです。アトピー因子と呼ばれる遺伝子的にかゆみを起こしやすい体質に加え、アレルゲンに触れることで引き起こされる皮膚炎と考えられますが、原因・メカニズムは十分には解明されていません。アレルゲンとしては、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、ストレス、食物アレルギーなど人によって様々です。

伝染性膿痂疹(とびひ)

「とびひ」は、主に高温多湿になる5~6日から夏にかけて皮膚の抵抗力の弱い0~6歳のお子様に見られます。水ぶくれや、じゅくじゅくした湿疹ができて、1~2日後にはあっという間に広がることがある、黄色ブドウ球菌という皮膚に常在する菌による皮膚感染症です。虫さされや傷などに感染して、かゆみを伴う水疱があらわれ、それを掻いた手で他の部分を掻くとこで、飛び火の様に広がる為、そう呼ばれています。

汗疹(あせも)

暑い季節や、ねんね期の赤ちゃんに多く見られます。首の周りや背中、おしりなど汗をかきやすく蒸れやすい部分によくできます。新生児では白いぼつぼつが、それ以降は赤いぼつぼつとなって現れ、かゆみを伴うこともあります。赤ちゃんは汗っかきで、体温も大人より高めです。その上、汗腺が未発達なため、汗が溜まりやすく、肌が重なっているところは特に蒸れやすい状態です。蒸れた環境では肌表面の表皮ブドウ球菌が増殖しやすく、それにともないあせもが現れます。

  • 24時間インターネット予約受付
  • 24時間インターネット予約受付
お知らせ- News -
BLOG最新記事- STAFF BLOG -
  • STAFF BLOG
  • クリニックからのご案内
  • 予防接種について
  • 乳幼児健診
  • シナジス外来
  • お子様の視力検査
  • 求人のご案内

ドクターズファイル