ブログBlog

アレルギーのお子さんに!家庭でできるダニ対策

今回は喘息、アレルギー性鼻炎などアレルギー体質のお子さんに重要なダニ対策についてのお話です。ダニは温暖多湿な環境を好むため、梅雨や夏に増殖し、その後秋にアレルゲン(アレルギーの原因物質)となるダニの死骸やフンが増え、喘息発作や鼻炎・湿疹の悪化原因になります。10月に入り、ぜーぜーや透明な鼻水・くしゃみ・鼻づまりが目立つなど、アレルギーの症状で受診される患者さんが増えています。

 

ダニ対策は➀部屋作り、②寝具の手入れ、③掃除機がけが大切です。

家事、育児、お仕事などで毎日お忙しいかと思いますが、まずは寝室の掃除と寝具の手入れから、出来ることから始めてみて下さいね。

 

➀部屋作りのポイント

★じゅうたんや布製ソファ、クッション、ぬいぐるみなどダニの温床となるものをできるだけ減らしましょう。フローリングがベストです。

・エアコンはカビやフィルターのほこりに気をつけましょう

・定期的に換気し湿度を下げましょう

 

③寝具の手入れのポイント

夜寝ている間に布団からダニのアレルゲンを沢山吸い込んでしまうため、布団の手入れは特に重要です。

★天日干しや布団乾燥機を使い布団を乾燥させ、湿気を減らしダニの繁殖を抑えましょう

★1~2週間に1回は布団の掃除機がけをして、ダニやダニのアレルゲンを除去しましょう

・シーツやカバー類、お子さんが一緒に寝ているぬいぐるみはこまめに洗いましょう

・ダニを通さない高密度繊維の布団カバーを使用するのも効果的です

 

②掃除機がけのポイント

・こまめに掃除機をかけダニアレルゲンを減らしましょう。

・たたみの場合はたたみの目に沿ってゆっくりと掃除機をかけましょう

・布製の椅子やソファの掃除機がけをしましょう

 

このようなダニ対策を行っても、症状が続く場合は、内服薬(抗アレルギー薬やオノン・キプレス・シングレア)やステロイド点鼻薬などによる治療が効果的なため、是非気軽に御相談にいらして下さい。

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る