ブログBlog

三種混合(DPT)ワクチン追加接種のすすめ

現在、日本では四種混合(DPT+不活化ポリオ)ワクチンの4回接種が公費化されています。
しかし、せっかくついた抗体が実は年々減ってきてしまうため、学童期や成人の百日咳の流行がしばしば発生し、まだ免疫のない赤ちゃんの命に関わる事態が生じています。
そこで諸外国では、四種混合と同様のワクチンを、約5年毎に2回追加接種するスケジュールが一般的となっています。
これを受けて日本小児科学会では、
①5-6歳の年長さんの時期
②11-12歳の時期
それぞれに三種混合(DPT)ワクチン+不活化ポリオの追加接種を推奨しています。
日本では残念ながらまだ公費化されていませんので、①5−6歳の追加接種は自費となります。②11-12歳の間の時期には、現在公費で受けられる二種混合(DT)ワクチンがありますが、それに代わって三種混合(DPT)ワクチンの接種が可能です。自費になってはしまいますが、医学的には三種混合(DPT)ワクチンの接種をお勧めしています。

ワクチンは予約制になりますので、ぜひお気軽に当院までお問い合わせ下さい。

  • 24時間インターネット予約受付
  • 24時間インターネット予約受付
BLOG最新記事- STAFF BLOG -
  • STAFF BLOG
  • クリニックからのご案内
  • 予防接種について
  • 乳幼児健診
  • シナジス外来
  • お子様の視力検査
  • ワクチンデビュー外来
  • ご意見箱
  • 求人のご案内
お知らせ- News -

ドクターズファイル