MENU

blog

医院案内|川崎市幸区の小児科・皮膚科|ミューザ川崎こどもクリニック

出たり消えたり謎のぽっこり? 〜鼠径ヘルニアのおはなし〜

外来では、いつの間にかお子さんの下腹部や足の付け根付近にぽっこりした膨らみがあることに気づきました、というご相談がしばしばあります。触っても痛がらないし、引っ込んでいることもあるし、何だろう?と様子を見ていても変わらないので受診する、というケースが一番多い印象です。

 

これは、腹壁(お腹の筋肉)に欠損やもともと脆弱な部分ができていて、そこから腸管などが飛び出てしまうヘルニアという状態が疑われます。お腹に生じるヘルニアの中では、鼠径部(足の付け根付近)にできる鼠径ヘルニアが最も多く、約80%を占めます。

 

腸管が見え隠れしているだけであれば特に症状はないのですが、狭い出入り口に腸管が引っかかって戻らず血流が悪くなってしまう嵌頓(かんとん)が起こってしまうと、痛みが出て、放置すると腸閉塞や壊死を起こしてしまうことがあるため、その際は緊急の対応が必要となります。(ちなみに、「出べそ」の臍ヘルニアで嵌頓を起こすことは極めて稀です。)

 

1歳未満では自然治癒することもありますが、大抵の場合は無症状でも早めに小児外科での経過観察や治療が必要です。当院でも、疑わしい方は近隣の小児外科にご紹介していますので、気になるところがある方はお気軽にご相談ください。

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る