ブログBlog

夏に多い「水いぼ」とは?

これからの時期に気をつけたい「水いぼ」について紹介します。

 

■ プールでの肌接触に注意

水いぼは、ポックスウイルスというウイルスによる感染症でうつる病気です。プールに入っただけではうつりませんが、すでに水いぼができている人と直接肌が触れ合うことによる接触感染、あるいはタオル、ビート板、浮輪などの共用により感染します。

 

保育園や学校など、特に夏はプールなど多くの子どもたちと触れ合う機会が多いので、どうしてもかかりやすくなってしまいます。

 

■ 水いぼ予防の対策

  1. プールの後はシャワーで全身を洗い流し清潔にしておく
  2. 普段からしっかり保湿をおこなってスキンケアをする
  3. タオルは使い回さない

 

■ 水いぼかもしれない?と思ったら

ミューザ川崎こどもクリニックでは、ピンセットでの除去治療での痛みを減らすために「痛み止めのテープ」を併用することもできます。

お気軽にご相談ください。

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る