ブログBlog

子宮頸がんワクチン(シルガード®9)接種のご案内

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウィルス(HPV)の感染を予防する9価ワクチン(シルガード®9)の取り扱いを開始しています。

 

従来の4価ワクチンは公費で受けられますが、この9価ワクチンは4価ワクチンに含まれるHPV6/11/16/18型に加え、HPV31/33/45/52/58型を含んでいます。

 

子宮頸がんにおけるHPV16/18型の感染率は65.4%と報告されています。

 

9価ワクチンは、特にアジア人において感染率が高いといわれているHPV52/58型を含むことで、子宮頸がんの原因となるHPV型の88.3%とカバーします。子宮頸がんの発生率に対する予防効果は96.7%と報告されています。

 

<接種対象者> 9歳以上の女性

 

<接種回数> 合計3回 初回接種、初回2ケ月後、初回6ケ月後に接種行います。

 

<費用> 38500円(税込)/回

*本ワクチンは任意接種となっており、公費負担ではなく、全額自己負担になります。

 

<起こりうる副反応>

頻度10%以上:接種部位の痛み、腫れ、赤み

頻度1~10%:発熱、掻痒感、出血、熱感、頭痛

頻度1%未満:手足の痛み、腹痛、下痢

頻度不明:倦怠感、疲労、内出血、めまい等

 

<その他>

接種の際には、「ワクチンQダイアリー」の登録が必要になります。

 

接種ご希望の方は、電話にて予約をお取りください。

ミューザ川崎こどもクリニックplus+ 044-542-8868

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る