ブログBlog

授乳中のママと花粉症

授乳中のママと花粉症

Q.母乳をあげているのに、お薬のんでもいいのでしょうか?

 

花粉症の季節、いかがお過ごしですか?

子育てをしていると、お母さん自身のことはそっちのけですよね。

また、「母乳をあげているのに、お薬のんでもいいのかな」

「断乳しないとお薬のめないかな」となやんでいるお母さんもいらっしゃると思います。

花粉症の時に処方するお薬に、アレルギー症状を抑えるお薬があります。

アレルギーのお薬は種類によって眠気や鎮静作用が現れます。それを飲んで授乳をすると

お子さんも同じような影響が出る可能性があります。

しかし、最近は眠気や鎮静作用がより出にくいお薬があり、

それを選択することで、母乳育児を続けながら花粉症の治療ができます。

そのお薬がこちらです

①眠気が少ない抗ヒスタミン剤:眠気が出にくく、母乳に移行する薬の量が少ないため、授乳中のママも内服できます。授乳の継続も問題ありません。

②点鼻・点眼薬:目や鼻に投与するため、血液中に移行しないので、母乳にもほとんど移行しません。

 

目のかゆみ、鼻水、はなづまりでイライラすると、子育てもつらくなります。

我慢しないで、はやめにご相談いただき、花粉症を乗り越えましょう。

 

さらに、お薬と一緒に、花粉に触れない対策も大切です。

・花粉を避ける。

・テレビなどの花粉情報に注意し、花粉の多い日はなるべく外にでない。

・外出時にはマスク、眼鏡、帽子を着用する。

・窓や戸を閉め、室内に花粉が入らないようにする。

・帰宅したら洋服に付いた花粉を落とし、顔を洗い(眼と鼻の穴も)、うがいをする。

・洗濯物を室内に干す。

 

ミューザ川崎こどもクリニックでは、お母さんにも処方できます。お気軽にご相談ください。

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る