ブログBlog

Qこどもの鼻づまり治りません。花粉症でしょうか。

A 花粉症は、負担の少ない検査で診断ができます。

 

鼻づまりですが、風邪を繰り返していることがありますが、アレルギー性鼻炎が原因のこと もあります。

アレルギー性鼻炎(花粉症)は年々増加傾向にあり、幼児期から 10 歳代までの比較的低年 齢でも発症します。目や鼻をこする、鼻づまり、集中できない、眠れないなど、さまざまな 不快を感じ、勉強を含めて生活に支障をきたすことがあります。

スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎(アレルゲン:ダニ)でお悩みの方は多いと思います。 今年はスギ花粉の飛散量が去年よりも多く、2 月上旬から本格的な飛散が始まると予想され ています。

お子様にこのような症状があり、花粉症が疑われた場合、負担の少ない検査で診断ができま す。ミューザ川崎こどもクリニックでは、従来の腕からの採血検査は不要で、指先に小さな 針を刺してごく少量だけ血液を採取してアレルゲン(アレルギーの原因物質 41 種類)を調 べることができます。大きな針を刺す必要がなく、指先から採血する際も小さな針を刺すだ けですので、少しチクリとした程度で痛みが少なくお子さまへの負担を最小限に抑えるこ とができます。これまで採血を嫌がっていたお子様や痛みが苦手な方におすすめの検査方 法です。検査が必要かどうか小児科専門医が判断いたします。ご相談ください。

三井俊賢

 

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る