ブログBlog

RSウイルスとは?

RSウイルスとは、乳幼児に呼吸器の感染症を引き起こすウイルスです。

2歳までにほぼ100%の児が感染するとされています。症状としては、軽いかぜ、ゼーゼー、重い肺炎まで様々です。通常4~6日間の潜伏期間を経て発熱、鼻などの症状が数日続きます。

大人が感染した場合は軽い鼻かぜ症状のみでおさまりますが、赤ちゃん、特に予定日よりも早く生まれた赤ちゃん、呼吸器や心臓に持病のある赤ちゃんなどが感染すると重症化することがあります。細気管支炎や肺炎を起こし、呼吸が苦しくなるような重篤な症状を引き起こすことがあるため、赤ちゃんは感染を避けるための注意が必要です。

1年を通じて感染がみられますが、今がその流行時期で、特に秋から春頃に流行します。感染予防対策としては、咳や鼻がある人は、できる限り赤ちゃんとの接触を避け、マスクを着用することが大切です。さらに、おもちゃ、手すりなどはこまめにアルコールや塩素系の消毒剤等で消毒し、家族の手洗いが重要です。

赤ちゃんが鼻かぜでゼーゼーしているようでしたら早めに受診してください。

  • 24時間インターネット予約受付
  • 24時間インターネット予約受付
BLOG最新記事- STAFF BLOG -
  • STAFF BLOG
  • クリニックからのご案内
  • 予防接種について
  • 乳幼児健診
  • シナジス外来
  • お子様の視力検査
  • ワクチンデビュー外来
  • ご意見箱
  • 求人のご案内
お知らせ- News -

ドクターズファイル