MENU

blog

医院案内|川崎市幸区の小児科・皮膚科|ミューザ川崎こどもクリニック

手足口病 大流行の兆し

2017年の手足口病の報告数は、昨年を大きく上回る推移で増加しています。
これから本格的な流行期を迎えると予想されるため、感染予防対策が必要です。

症状は手,足,口に米粒ほどの水疱性の発疹ができます。口の中にできると,痛みで食事が出来なくなることもあります。発熱や下痢,嘔吐をともなうこともあります。
基本的には数日の内に治癒する予後良好の疾患です。しかしときに髄膜炎、脳炎などの中枢神経系の合併症などがあります。近年、水疱が大きい、爪が剥がれるなど典型的でない症例も報告されており、多彩な症状を引き起こすこともあります。
エンテロウイルスやコクサッキーウイルスなどによる感染症で、複数のウイルスが原因なので何度もかかります。

鼻汁・唾液や便から感染しますので,手をよく洗うことが感染予防対策として大切です。

院長 三井 理恵
記事監修
院長 三井 理恵

群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。

皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)

医学博士、小児科専門医、小児科指導医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る