ブログBlog

2017年7月17日
手足口病 大流行の兆し
2016年10月18日
秋から冬に流行する感染症
2016年9月17日
インフルエンザとは?②
2016年9月17日
インフルエンザとは?①
2016年8月29日
RSウイルスとは?

手足口病 大流行の兆し

2017年の手足口病の報告数は、昨年を大きく上回る推移で増加しています。 これから本格的な流行期を迎えると予想されるため、感染予防対策が必要です。 症状は手,足,口に米粒ほどの水疱性の発疹ができます。口の中にできると,痛みで食事が出来なくなることもあります。発熱や下痢,嘔吐をともなうこともあります。 基本的には数日の内に治癒する予後良好の疾患です。しかしときに髄膜炎、脳炎などの中枢神経系の合併症な...

秋から冬に流行する感染症

秋から冬に流行する感染症には,以前にお話ししたRSウイルスやインフルエンザ以外に、溶連菌咽頭炎・マイコプラズマ感染症・感染性胃腸炎(ノロウイルス)などがあります。 ①溶連菌咽頭炎 溶連菌咽頭炎は,A群β溶血性連鎖球菌による感染症です。症状は,発熱と頭痛,のどの痛み,食欲不振,吐き気などです。のどが赤くなり,舌の表面にブツブツの赤みができることが多く(いちご舌),唇や口の中も真っ赤になります。首のリ...

インフルエンザとは?②

<インフルエンザの治療> 抗ウイルス薬のノイラミニダーゼ阻害薬は、ウイルスの増殖を抑制する副作用の少ない画期的な薬剤です。 タミフル(内服)、リレンザ(吸入)に加えて、2010年からイナビル(吸入)、ラピアクタ(静注)の使用が新たに認められました。 ただし、インフルエンザにかかってから2日以内に投与しないと効果が少ないため、早期診断・治療が重要です。   <インフルエンザの予防> (イン...

インフルエンザとは?①

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって起こされるかぜ症候群のひとつです。 強い全身症状をともない、伝染力が強く、また潜伏期が短い(1~3日)のが特徴です。   <インフルエンザの症状> 発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感、呼吸器症状(咳、鼻水、のどの痛みなど)といった症状が認められます。 肺炎や脳症・脳炎などを合併することもあり、高齢者や乳児では死亡することもあります。 &n...

RSウイルスとは?

RSウイルスとは、乳幼児に呼吸器の感染症を引き起こすウイルスです。 2歳までにほぼ100%の児が感染するとされています。症状としては、軽いかぜ、ゼーゼー、重い肺炎まで様々です。通常4~6日間の潜伏期間を経て発熱、鼻などの症状が数日続きます。 大人が感染した場合は軽い鼻かぜ症状のみでおさまりますが、赤ちゃん、特に予定日よりも早く生まれた赤ちゃん、呼吸器や心臓に持病のある赤ちゃんなどが感染すると重症化...
1 24 25 26 27 28 29 30