ブログBlog

コロナより怖い?!予防接種の遅れ

雨の日が続いていますが、梅雨明けが待ち遠しいですね。街には活気が戻ってきているようですが、コロナが心配で外出できない・・・と、赤ちゃんの予防接種がそのままになっている方はおられませんか? 最近、一般的な接種時期よりも遅れて予防接種に来られる赤ちゃんが時々いるので、未接種のまま成長している赤ちゃんがまだいるのではないか、と心配しています。なお、川崎市全体では0歳、1歳は例年とあまり変わりませんが、3...

災害時の備え~イザというときに慌てないためのヒント~

新型コロナウイルス感染の流行が問題となる中で、地震・水害などの自然災害が起きた場合にどのように対応すればよいのか、というニュースに触れることが多くなってきました。 「災害への備え」と聞くと、お子さんがいるご家族、特に、生まれてしばらくの赤ちゃんや慢性疾患を持つお子さんがいるご家族は、どのような準備をすすめておけばいいのだろうかと、悩まれることも多いと思います。 そこで、今回は災害への備え、災害時の...

三種混合(DPT)ワクチン追加接種のすすめ

現在、日本では四種混合(DPT+不活化ポリオ)ワクチンの4回接種が公費化されています。 しかし、せっかくついた抗体が実は年々減ってきてしまうため、学童期や成人の百日咳の流行がしばしば発生し、まだ免疫のない赤ちゃんの命に関わる事態が生じています。 そこで諸外国では、四種混合と同様のワクチンを、約5年毎に2回追加接種するスケジュールが一般的となっています。 これを受けて日本小児科学会では、 ①5-6歳...

【スギ花粉症、アレルギー性鼻炎で困っていませんか?舌下免疫療法のススメ】

スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎は小学生以上に多いですが、最近は低年齢化していて、園児にも見られるようになりました。スギ花粉やダニが原因となり、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状がみられます。命にかかわる病気ではありませんが、集中力・思考力の低下、いらいら、疲労、睡眠障害など、様々な場面で日常生活に悪影響をきたします。また、一旦発症すると自然に治ることは稀で成人まで続きます。 スギ花...

子どものマスク ~2歳未満のマスクは不要、むしろ危険!~

緑も濃くなり爽やかな風が心地よい季節です。緊急事態宣言は解除されましたが、子どもたちが外出時にコロナウイルスに感染しないか心配になりますね。 今日は子どものマスクについてのお話です。 先日、日本小児科医会から「2歳未満のマスクは不要」との声明が出されました。 マスクは、感染している人の咳やくしゃみに含まれる飛沫を直接浴びないという意味では有用です。しかし、気道の細い小さな子どもにとっては、呼吸や心...
1 2
  • 24時間インターネット予約受付
  • 24時間インターネット予約受付
BLOG最新記事- STAFF BLOG -
  • STAFF BLOG
  • クリニックからのご案内
  • 予防接種について
  • 乳幼児健診
  • シナジス外来
  • お子様の視力検査
  • ワクチンデビュー外来
  • ご意見箱
  • 求人のご案内
お知らせ- News -

ドクターズファイル